女性用の白髪染めを使っちゃだめなの!?

ドラッグストアやスーパーで市販の白髪染めを物色してみると、

男性用と女性用、二種類の白髪染めが販売されているかと思います。

白髪染めって、そもそも白髪を染めるだけですよね!?

それなのに、男性用と女性用…、一体何が違うのか?

疑問に思う方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そもそも、美容院で白髪染めをしてもらう時、

男性だから男性用の白髪染めを使う、

女性だから女性用の白髪染めを使う、という事はあり得ません。

男性も女性も同じ白髪染めを使っています。

そういったことからも分かる通り、

現実問題として、市販の白髪染めも男性用と女性用に大きな違いはありません。

実際に成分表を比較してみれば分かることですが、

そこに大した違いがないのは一目瞭然だと思います。

じゃあ、男性用と女性用、一体何が違うのか?と言うと、

例えば、女性用のほうが男性用に比べると香り成分にこだわりがあったり、

或いは、女性用のほうが男性用よりも明るい色が豊富にラインナップされている、

この程度の違いしか白髪染めの男性用と女性用には違いがありません。

また、女性のほうが男性よりも髪の毛の分量が多いことから、

男性用よりも白髪染めの内容量も多少多くなっているケースも有るようです。

つまり、男性が女性用の白髪染めを使うことに何の問題もありません!

むしろ、明るい色味を希望しているのであれば、

男性用よりも女性用を探したほうが、好みの色合いがみつかりやすいはずです。

市販の白髪染めを探す際には、男性用・女性用に惑わされず、

自分が感覚的に良いと思ったものを選ぶようにしましょう。

▼役立ちリンク⇒パーソナルカラー|男性版|C-collection