トリートメントタイプもオススメです。

白髪染めには実は様々な種類があるのですが、

大きく分けるとトリートメントタイプとヘアカラータイプの二種類に分類できます。

どちらも白髪染めには変わらないものの、

白髪を染めるメカニズムや仕上がりは大きく異なるので、

事前に検討の上、自分に適したタイプの白髪染めを選ぶようにしましょう。

先ず、「ヘアカラータイプ」は白髪染めの中で最もメジャーなタイプで、

一剤と二剤に分かれた昔ながらの白髪染めです。

仕上がりの美しさと色持ちの良さが最大の特徴ですが、

反面、メカニズム的には一度髪を脱色してから染めるため、

髪に負担をかけることになり、染めたあとの髪はゴワゴワとした感じになります。

次に、「トリートメントタイプ」ですが、

こちらは最近人気のタイプで髪への負担が少ないのが最大の特徴です。

メカニズム的には髪の表面だけに色を付けるため、

仕上がりには若干のムラがあり、色持ちもヘアカラー程長くありません。

但し、髪へのダメージが少ない分、頻繁に使用しても問題ありません。

ヘアカラータイプとトリートメントタイプの違いを簡単に説明しましたが、

どちらのほうがベターかは、使う人によって異なるでしょう。

とりあえず面倒臭いのが嫌いという人であればヘアカラータイプが良いでしょうし、

逆に多少手間がかかっても髪を大事にしたいという人ならトリートメントタイプがオススメ。

また、最新のトリートメントの白髪染めであれば、

比較的染め上がりも美しく、色持ちもが長いものも出てきているので、

過去にトリートメントタイプを使ったけど満足できなかった…、という人も、

是非一度最新のトリートメントタイプの白髪染めにチャレンジしてみてください。